2015年1月1日

労災型、神戸地裁が不当判決

アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会会長 船越 正信

アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会

会長 船越 正信

 

2015年3月

クボタショックから10年を迎えます。多くの皆さんと団体の方に支えられながら、「尼崎の会」が支援を続けてきた尼崎アスベスト訴訟も2007年5月の神戸地裁への提訴以来8年の時を迎えようとしています。この間の、長年にわたる裁判傍聴支援、署名活動、カンパ活動へのご協力など、地元はもちろんのこと、全国から、本当に多くの物心両面のご支援を頂いた事に心から感謝申し上げます。

尼崎市内のクボタ旧神崎工場へのアスベスト原料の運搬に従事し、肺がんで死亡した男性の遺族がクボタと国を相手に謝罪と損害賠償を訴えていた判決公判が3月23日、神戸地裁で行われ、裁判所(松井千鶴子裁判長)は原告の請求を棄却しました。また、溶接工として石綿エプロンや石綿手袋などを使用して複数の鉄工所に勤務し、肺がんで死亡した男性の遺族が国を相手に訴えていた裁判についても、原告の請求も棄却するという不当な判決を下しました。 (続きを読む…)

2011年7月20日

人命よりも経済性を優先した国・加害企業

アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会

会長 船越 正信

 

2005年6月にクボタによる周辺住民のアスベスト被害が大きく報道されたいわゆる“クボタショック”から丸6年が経ちましたが、未だに国もクボタもその責任を認めていません。

アメリカ、ヨーロッパ諸国では1970年代にはアスベストの使用を規制し始めましたが、日本は1990年代になっても大量に輸入しづけ、アスベストの原則使用禁止となったのは2004年のことです。アスベストによる健康障害(石綿肺、肺がん、中皮腫など)に関しては1960年代には国も、企業も認識する機会があったにも関わらず、規制もせずに使用を許してきたこの国のあり方。

過去の様々な薬害問題、現在の原発問題でもそうですが、人命よりも経済性の優先、情報公開の遅れ・不十分さ、問題が生じたときの対策の遅れ等々、共通した背景が感じられます。

私たち「尼崎の会」としては、アスベスト被害に関する健康相談、救済に向けての相談、労災・法的相談等に対して出来るだけの対応をしていきたいと考えています。