2019年3月13日

第14回総会を開催

クボタショックから14年
引き続き、国・加害企業の責任の明確化と被害者救済に全力

いわゆる「クボタショック」から14年目を迎え、クボタが認めただけで550人の中皮腫や肺がん等の犠牲が出ている中、「アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会」(船越正信会長)は3月9日、尼崎市立小田地区会館で第14回総会を開催、61人が参加しました。
開会に先立ち、冒頭に、毎年アスベストが原因と言われる中皮腫の死亡が40人前後となっており、アスベスト被害犠牲者の冥福を祈って全員で黙祷しました。
総会では、船越会長が「尼崎の会は常駐体制をとり、昨年は13件の相談に対応してきた。相談の中で、中皮腫との臨床病理診断が出ているにも関わらず、その判断に対して環境再生保全機構が異を唱えて不認定となった事例も。特に肺がんの方の救済が困難となっている。生前の診断に加えて、亡くなってからの病理診断が、救済の上で非常に重要になっている」と認認定事例を紹介するとともに「全国各地の建設アスベスト訴訟の完全勝利を実現して、国と企業の責任で、すべての被害者に労災並みの保障をしていく被害者救済基金の設立をさせていく必要がある」と訴えました。 (続きを読む…)

2019年3月10日

アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会 第14回総会議案

前総会以降の取り組み

「尼崎の会」事務所は、ほぼ常駐体制をとり、アスベスト被害者に寄り添う相談を続け、解決のために全力をあげてきました。
2018年の新規相談件数は13件(内、2件は労働災害)でした。
疾患別では、中皮腫(疑いを含む)7人、肺がん5人、石綿肺1人。
男性が7人、女性が6人。年齢は65歳から92歳でした。
地域別では、市内及び近郊が6人、県外からの相談は7人でした。県外からの相談は、定年退職まで尼崎に住み、働いていた労働者や家族で、すべてが潮江、浜、長洲、常光寺など小田地域に居住歴を持つ人たちでした。 (続きを読む…)