2017年2月14日

第12回総会のご案内

2005年6月29日の、いわゆる「クボタショック」から12年目を迎えます。
労災型の大阪高裁判決は、労働者の生命よりも産業を優先する極めて不当なもので、最高裁判所第二小法廷も「上告棄却」という、憲法25条を無視した不当な決定を行いました。
アスベストによる被害は拡大の一途をたどっており、厚労省が発表した中皮腫死亡者数は年間1,400人にものぼり、尼崎市における中皮腫死亡者は、毎年30~40人と、全国的に突出した異常な犠牲者を数えます。尼崎では10倍以上のリスクです。アスベストを吸い込んで発症するまで20~50年の潜伏期間があることを考慮すれば、被害の本格的な発症はこれからです。
今回の総会では、第一部で「アスベスト問題と国の姿勢」と題して、堀内照文衆議院議員に国政の場での取り組みを報告していただき、1年間の闘いを振り返り、今後1年間の運動方針を確認します。多数のご参加をお願い致します。

2017年3月11日(土) 午後2時~

尼崎市立 小田公民館 大ホール

① 学習会「アスベスト問題と国の姿勢」 堀内照文衆議院議員
② 船越会長あいさつ
③ 一年間のまとめと運動方針の確認
④ 決算、予算の確認
⑤ 新役員体制の選任
*JR尼崎駅北側、ホテル・ホップインアミングの東側、キューズモール尼崎の駐車場が便利です